『ねないこだれだ』誕生50周年記念 せなけいこ展

『ねないこだれだ』誕生50周年記念 せなけいこ展
スポンサーリンク

『ねないこだれだ』誕生50周年記念作家

せなけいこの創作の全貌を紹介する展覧会
『ねないこだれだ』や『いやだいやだ』の作者として知られるせなけいこ(1931-)は、1969年、子育てに奔走する中、37歳で絵本作家としてデビューしました。
以来、おばけや妖怪、うさぎなどをモチーフに、貼り絵の手法を用いて生み出したシンプルながらも独創的な絵本は、世代を越え、多くの親子に読み継がれるロングセラーとなっています。

本展では、代表作のひとつ『ねないこだれだ』の誕生50周年を記念し、絵本デビュー作の「いやだいやだの絵本」4冊シリーズをはじめとする、絵本原画など約300 点を出品。これまであまり知られていなかった、絵本作家デビュー前の幻燈や紙芝居の仕事もひもとき、作家せなけいこの創作の全貌を紹介します。会場には、絵本コーナーや楽しい仕掛けもご用意し、小さなお子さんも楽しんでいただける展覧会です。

公式サイト

「いやだいやだ」シリーズ4作品、全ページの原画を公開

『ねないこだれだ』をはじめとする、せなさんの絵本作家デビュー作「いやだいやだの絵本」シリーズ4作(1969年)と、「あーんあんの絵本」シリーズ4作(1972年)の原画を、物語の全ページ分、ご紹介します。せなさんが手作りした貴重なダミー本も初公開。

『ねないこだれだ』(1969年、福音館書店)

絵本デビュー前夜

せなさんは、絵本作家としてデビューするまでにも、雑誌・書籍のイラストや紙芝居、フィルムに光を当てて投影する「幻燈」などの仕事を手がけていました。これまであまり知られていなかった資料と共に、デビュー前の歩みをたどります。

幻燈フィルム
幻燈フィルム
『○と□と△ちゃん―おすもうのまき』
(1965年、童心社)

約300点の原画で味わう魅力

だだをこねたり、泣いたり。おすましした「よい子」ではない、いきいきとした子どもたちの姿や、大好きなうさぎ、おばけや妖怪などを題材に生み出した、数々の名作の原画が一堂に会します。その数およそ300点。子どもや動物の表情、背景の表現など、貼り絵独特の質感を味わえるのは、原画ならではの楽しみです。

『かおらちゃんとかおりちゃんと』(1974年、偕成社)
『めがねうさぎ』(1975年、ポプラ社)
『おばけのてんぷら』(1976年、ポプラ社)

Profileせなけいこ

1931年、東京都生まれ。童画家の武井武雄に師事して絵を学びながら、「貼り絵」を表現技法として見いだす。カット絵や幻燈、紙芝居などの仕事でキャリアを積み、1969年「いやだいやだの絵本」(福音館書店)4冊シリーズで絵本作家としてデビュー。代表作に、「あーんあんの絵本」(全4冊・福音館書店)、「おおきくなりたい」(全4冊・偕成社)、「めがねうさぎ」シリーズ(ポプラ社)、「おばけえほん」シリーズ(童心社)などがある。

Photo by 朝日新聞出版 加藤夏子

「せなけいこ展」図録

「せなけいこ展」の公式図録がついに完成!個展会場で展示される約300点の原画のほぼすべてを収録したほか、絵本作家デビュー前の紙芝居や幻燈の仕事も紹介しています。貼り絵のつくり方解説、ご自宅の本棚紹介などの内容も充実。せなさんの創作の全貌をお楽しみください。


2,000円(別途消費税)
2019年発行、164×164mm、330ページ、図版オールカラー
© Keiko Sena

本図録は、「せなけいこ展」会場内の特設ショップでお求めいただけるほか、通信販売も行っています。
展覧会オリジナルグッズは約120種類!

開催概要

愛知会場

会期 2019年9月21日(土)~11月10日(日)
休館日:月曜日(ただし、9月23日、10月14日、11月4日は開館)、9月24日(火)、10月15日(火)、11月5日(火)
会場 刈谷市美術館(愛知県刈谷市住吉町4-5)
開館時間 9:00~17:00
観覧料

前売券・団体(20名以上)券

一般 700円 / 学生 500円 / 中学生以下 無料

当日券

一般 900円 / 学生 700円 / 中学生以下 無料
※前売券は、刈谷市美術館、刈谷駅前観光案内所、刈谷市総合文化センター、高浜市やきものの里かわら美術館、チケットぴあ(Pコード:769-859)の取り扱いのあるコンビニ等で9月20日(金)まで販売。
※身体障害者、精神障害者保健福祉、療育の各手帳所持者及び付き添いの方(1名)は入場無料。入館の際に手帳をご提示ください。

 

大阪会場

会期 2019年12月18日(水)~2020年1月6日(月)
会場 阪急うめだ本店 9階 阪急うめだギャラリー(大阪市北区角田町8-7)

 

広島会場

会期 2020年8月8日(土)~9月22日(火・祝)
会場 ひろしま美術館(広島市中区基町3-2 中央公園内)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA