金沢21世紀美術館開館15周年 映える体験型アート 2部構成120作家210点展示 /石川

今月9日に開館15周年を迎えた金沢21世紀美術館(金沢市広坂1)で、記念企画展「現在地:未来の地図を描くために」(同館主催)が開催中だ。第1部は12月19日まで、第2部は今月12日~2020年4月12日まで。収蔵作品約4000点から120作家による計約210点を展示し、現代美術や同館の未来を問い直す構成となっている。

「驚異の小箱」(ジャネット・カーディフ、ジョージ・ピュレス・ミラー、2017年)は、引き出しを開けるとさまざまな音が鳴り出す=金沢市広坂1の金沢21世紀美術館で、日向梓撮影

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA