笠間日動美術館 古代の米大陸文明紹介 20日まで 11カ国の土偶や壺展示

笠間日動美術館 古代の米大陸文明紹介 20日まで 11カ国の土偶や壺展示

日・エクアドル外交関係樹立100周年
「古代文明への旅 ―アステカ、マヤ、インカまでの道のり―」
Ancient Civilizations of the Americas

2018年3月17日(土)~5月20日(日)

≪十二横顔ジャガー金冠(レプリカ)≫
1.ペルー クントゥル・ワシ遺跡
十二横顔ジャガー金冠(レプリカ)

日本・エクアドル外交関係樹立100周年を記念して開催される本展は、中南米地域の古代の人々が作った土器、土偶、織物などを展示し、中南米の古代美術を紹介します。
1万4000年ほど前に人類は古代のアメリカ大陸に初めて足を踏み入れましたが、やがてメキシコなど中米地域にはメソアメリカ文明が、ペルー、ボリビア、エクアドルなど南米地域にはアンデス文明が興ります。これらの文明の起源はまだ研究の途上にありますが、エクアドルに展開したバルディビア文化(紀元前4350年~前1500年頃)は最古の土器文化の一つであると考えられており、文明の成り立ちを解明する上で重要な研究対象になっています。そして、16世紀にスペイン人がアステカ王国、マヤ文明、インカ帝国を征服するまで、各地で多種多様な文化が盛衰し、独特な世界観を生み出していきました。彼らの生きた軌跡は建造物や彫刻、土器、織物などの形で残り、我々を魅了し続けています。
本展では、BIZEN中南米美術館の貴重な収蔵品を中心に、バルディビア文化からアステカ王国、マヤ文明、インカ帝国までの長い道のりの中で作られた美術品を紹介し、芸術という観点からベールに包まれた古代文明に迫ります。

 

≪金製横顔ジャガー耳飾り(一対、レプリカ)≫
2.ペルー クントゥル・ワシ遺跡
金製横顔ジャガー耳飾り(一対、レプリカ)
≪ヒョウタン形耳飾り(一対、レプリカ)≫
3.ペルー クントゥル・ワシ遺跡
ヒョウタン形耳飾り(一対、レプリカ)
≪織房付き鳥・波文様綴織裂≫
4.ペルー チャンカイ文化
織房付き鳥・波文様綴織裂
≪彩文深鉢≫
5.グアテマラ マヤ古典期後期文化
彩文深鉢
≪動物象形香炉≫
6.ボリビア ティワナク文化
動物象形香炉
≪香炉の蓋≫
7.グアテマラ ティオティワカン文化
香炉の蓋
≪動物象形皿 (1)≫
8.エクアドル インカ文化
動物象形皿 (1)
≪女人土偶≫
9.エクアドル バルディビア文化
女人土偶

※1-3:クントゥル・ワシ調査団蔵 4-9:BIZEN中南米美術館蔵

展覧会名 日・エクアドル外交関係樹立100周年
「古代文明への旅 ―アステカ、マヤ、インカまでの道のり―」
会 期 2018年3月17日(土)~ 5月20日(日)
会 場 笠間日動美術館 企画展示館
開館時間 午前9時30分より午後5時(入館受付は午後4時30分まで)
休 館 日 毎週月曜日(但し4月30日、5月1日は開館)
主 催 公益財団法人 日動美術財団 笠間日動美術館
特別協力 BIZEN中南米美術館
協 力 クントゥル・ワシ調査団/東京大学総合研究博物館
監 修 大貫良夫(東京大学名誉教授)/鶴見英成(東京大学総合研究博物館助教)
後 援 エクアドル大使館/茨城県/茨城県教育委員会/笠間市/笠間市教育委員会/NHK水戸放送局/茨城放送/茨城新聞社/朝日新聞水戸総局/産経新聞水戸支局/東京新聞水戸支局/毎日新聞水戸支局/読売新聞水戸支局
入 館 料 大人1000円、65歳以上800円、大学・高校生700円、中学・小学生 無料
(20名以上の団体は各200円割引 障害者手帳をお持ちの方、その同伴者1名は半額割引)
春風萬里荘との共通券:大人1,400円、大学・高校生900円、中学・小学生 無料、65歳以上1,100円(20名以上の団体は200円割引、障害者手帳をお持ちの方、その同伴者1名は半額割引)
交通案内 【JR利用】
・常磐線友部駅北口より(9:55/10:50/11:50発)『かさま観光周遊バス』(100円)
または市内循環バスで約15分。「日動美術館入口」下車徒歩1分。
・水戸線笠間駅より徒歩約20分。(日動美術館・春風萬里荘共、但し方向は逆)
『かさま観光周遊バス』またはレンタサイクルの利用が便利です。
【自動車利用】
・常磐道友部JCT経由、北関東道友部ICより国道355号線経由約6㎞
・東北道栃木都賀JCT経由、北関東道笠間西ICより国道50号線経由約8㎞
【高速バス『関東やきものライナー』利用】
・秋葉原(8:20発)「笠間稲荷神社入口」下車徒歩約10分。

■会期中のイベントのご案内

各種イベントは別途入館料がかかります。

学芸員によるギャラリートーク
日時:3月31日(土)/5月12日(土) 各日14:00~(30分程度)

「アチュアルの夢」自主映画上映会
NPO法人セブン・ジェネレーションズ(ナレーション:鶴田真由)
日時:4月8日(日)11:00~/5月3日(木・祝)14:00~(約1時間半)
場所:パレット館5F
料金:500円

講演会
講師:森下 矢須之(BIZEN中南米美術館館長)
日時:4月8日(日)13:30~(約1時間半)
場所:パレット館5 F
料金:1000円(資料付き)

日・エクアドル国交100周年記念ライブ in 笠間 byペッカリーと彼のファンタジージャズバンド
日時:4月29日(日・祝)14:00~15:30
場所:パレット館5F
料金:5000円(ペッカリーからのお土産付き)
※要予約

ワークショップ「体験!土偶作り!!」
講師:真世土マウ(岡山県立大学准教授)
日時:5月4日(金・祝)14:00~16:00/5月5日(土・祝)10:00~12:00・13:00~15:00
場所:パレット館5 F
料金:1000円
※要予約

プチ・コンサート
内容:「テーネ・ヴァルト」神永秀明、神永直美/オーボエ&電子ピアノ
日時:3月18日(日)14:00~
場所:パレット館1F

内容:「優雅なる歌の演奏会」Piacevole Italia/声楽&電子ピアノ
日時:4月30日(月・祝)14:00~
場所:パレット館1F

 

■分館 春風萬里荘のイベントのご案内

夢境庵茶会
日時:4月15日(日)10:00~16:00
席主:表千家 渡邊宗米
料金:500円(抹茶・お菓子付き但し入館料別途)

 

イベントについてのお問い合わせは笠間日動美術館へ
TEL:0296-72-2160 FAX:0296-72-5655
メールでのお問い合わせはこちら

 

スポンサーリンク

きたかんナビ

 

古代アメリカ大陸で花開いた文化を紹介する企画展「古代文明への旅-アステカ、マヤ、インカまでの道のり-」が、笠間市笠間の笠間日動美術館で開かれている。動物をかたどった土偶や壺(つぼ)、織物など11カ国の古代美術品を通じ、その多様性や独特の世界観に触れる。16世紀にスペインに征服されるまでの約6000年間に盛衰したさまざまな文化に、芸術という観点から迫る。20日まで。

古代アメリカ大陸は、メキシコや中米・グアテマラでオルメカ文明やマヤ文明、アステカ文明が栄えた。この地域の文明はメソアメリカ文明と総称される。南米のペルーにはアンデス文明が花開いた。

両文明の中間に位置したエクアドルは、古代アメリカ大陸で最古の土器文化のひとつ、バルディビア文化(前4350年~前1500年ごろ)が起こった地域。揺らすと音が鳴るボトルをはじめ、ピアスや入れ墨の装飾が特徴的な土偶を展示する。中米のアンデス文明でも見られる鐙(あぶみ)型注口土器も紹介している。

同じく両文明の中間にあるコスタリカの「動物象形三足彩文壺」は、マヤ文明に通ずる模様が取り入れられている。カリブ海のドミニカ共和国の穏やかな顔が付いた土器など、現地でも珍しい物がそろう。

北側のマヤ文明は古代アメリカ大陸では唯一、文字が発達した。マヤ文明をはじめとしたメソアメリカ文明は、自然や動物を崇拝し、神々や人間と動物を融合した土偶や彫刻があるほか、王がチョコレートを飲むために使った深鉢も展示され、当時の信仰や文化を感じ取れる。

一方、南側のアンデス文明は文字や鉄器、貨幣はないものの、土器や織物が発達。にぎやかな絵付けの土器や、シンプルなデザインで黒光りしたものなど、時代や地域によって異なる。神官や人物のほか、アンデスに生息する動物を擬人化したものも多い。

会場中央のケースには各文明の代表作を並べた。神とされるジャガーの横顔を模様にしたペルーのクントゥル・ワシ遺跡の王冠や、顔面と一緒にベルトや両手も表現されたテオティワカンで見られる典型的な形の香炉など。

約300点のほとんどが岡山県備前市にあるBIZEN中南米美術館の収蔵品。笠間日動美術館の中橋アレキサンダー真理学芸員は「これほど代表的なものがそろう機会はめったにない」と来場を呼び掛ける。

月曜休館。12日14時から学芸員によるギャラリートークが行われる。