新・桃山の茶陶

特別展 新・桃山の茶陶

2018年10月20日(土)~12月16日(日)

信楽・備前・伊賀の大胆な篦目(へらめ)と歪み、志野の白釉に浮かぶ力強い鉄絵、織部の多彩な形と爽快な釉薬の掛け分け、そして唐津の自由な文様表現。16~17世紀初頭に作られたこれら「桃山の茶陶」は、唐物にはない和物茶陶ならではの魅力に溢れ、日本を代表するやきもののひとつとなっています。

根津美術館では平成元年(1989)に、このような桃山の茶陶を紹介する展覧会を開催しました。それからおよそ30年の間に研究が進み、中でも最も大きな発見は京都三条瀬戸物屋町と、それを営んだ商人たちの存在でした。やきものを求める顧客の変化と増大を背景に新たな流通ルートが作られたことにより、現代の私たちが見ても斬新なデザイン性の高い茶陶が誕生したことがわかってきました。

本展覧会では「生産」と「流通」という観点から、京都で出土した資料とともに伝世の茶道具を展示して、最新の桃山の茶陶の世界をご覧いただきます。

スポンサーリンク

構成

  • 第一章 和物茶陶の誕生…詫び茶の草創期にあたる16世紀、天目に代表される唐物写しに加え、和物茶陶が誕生しました。信楽の鬼桶水指など和物独自の形が生まれ、備前では特別注文品が生産されます。いずれもシンプルな形の中に力強さがあり、すでに桃山の茶陶の気配が感じられます。
  • 第二章 桃山の茶陶の始まり…16世紀末期、和物茶陶には新しい様式が誕生し、生産量も増えました。美濃では黄瀬戸・志野があらわれ、九州では朝鮮半島より渡来した陶工によって唐津の生産が開始されます。これらの初期桃山の茶陶は静かな落ち着きを備えながらも、一点一点が強い個性を持ち合わせています。
  • 第三章 桃山の茶陶と京都三乗瀬戸物屋町…慶長年間(1596~1615)から元和年間(1615~24)、「桃山の茶陶」は隆盛を極めます。信楽・備前・志野・唐津などの製品には箆目や歪みが加わり、美濃では華やかな織部の生産が開始されました。和物茶陶の形・意匠はより大胆になり、器種が多様化、そして生産量が爆発的に増加したのです。その躍進には京都三乗瀬戸物屋町の商人が大きく関与したと考えられます。ここでは、三条通りの弁慶石町・中之町・下白山町・福長町・油屋町の5地点より出土した陶片資料を通して伝世品を見つめ直します。
  • 第四章 桃山の茶陶の諸相 その流通をめぐって…17世紀初頭、薩摩茶入や伊賀水指などは贈答品として用いるため大名がその生産や流通に携わっていました。京都三条瀬戸物屋町以外の流通ルートによる作品を合わせてご覧になることで、桃山の茶陶の多様な魅力を一層感じていただけることでしょう。

京都三条の瀬戸物屋町

桃山時代から江戸時代初期にかけて、京都の三条通りではやきものを販売する店が軒を連ね、その一画は「せと物や町」や「瀬戸物町」と称されていました。この界隈の商人たちが日本各地の窯へ赴き、指導して注文したやきものが販売されていたのです。さらに、この三条通りより出土した大量のやきものを見比べると、店によって取り扱う商品に特色があったこともわかります。

主な展示作品

鼠志野茶碗 銘 山の端 美濃
施釉陶器 日本・桃山~江戸時代 17世紀 根津美術館蔵
鼠志野とは表面に塗った黒いスリップを削り落として文様を描き、その上から白濁釉を掛けて焼成する技法のこと。亀甲文と檜垣文があらわされた本作は、篦削りの大胆さと、釉調の優美さを兼ね備えた名碗として知られる。

織部松皮菱形手鉢 美濃
施釉陶器 日本・桃山~江戸時代 17世紀 北村美術館蔵
松皮菱(まつかわびし)形の鉢に四つの足を持つ織部手鉢。本作のように赤土と白土を繋ぎ合わせて成形した織部を鳴海織部(なるみおりべ)と呼ぶ。大きな取っ手、大胆な器形、赤・白・緑の鮮やかな対比には圧倒的な存在感が感じられる。

中之町出土資料
京都市蔵
京都の三条中之町より出土した桃山の茶陶。発掘調査とその後の研究によって、この界隈には、17世紀初頭にやきものを販売する店が並んでいたことが判明した。中之町からは織部向付や唐津鉢など2000点以上のやきものが出土した。

耳付水指 尺牘
無釉陶器 日本・桃山~江戸時代 17世紀 個人蔵
安定感のあるどっしりとした姿、縦にほどこされた力強い篦目。そこに、「ビードロ釉」と呼ばれる緑色に発色した釉薬の艶やかな美しさが加わる。このような形は他に類例がなく、伊賀の独自性が見て取れる。

  • 開館時間 午前10時~午後5時(入館は午後4時30分まで)
  • 入場料 一般1300円 学生1000円
    *20名以上の団体、障害者手帳提示者および同伴者は200円引き、中学生以下は無料
  • 会場 根津美術館 展示室1・2
  • 休館日 月曜日