ムーミン展 THE ART AND THE STORY

ムーミン展

愛らしい姿とユーモアあふれる言葉で世界中のファンを魅了するムーミンとそのなかまたち。

ムーミン展

フィンランドを代表する芸術家、トーべ・ヤンソン(1914年~2001年)が生みだした「ムーミン」シリーズは、小説、絵本、新聞連載コミック、アニメ、商品などさまざまなかたちで親しまれています。本展では、その多彩なアートと奥深い物語の魅力を、約500点の展示品で紹介します。

ムーミンの小説、絵本の挿絵や表紙を原画やスケッチで紹介。また、イースターカード、アドベントカレンダーの原画、銀行の広告など、小説や絵本では見たことがないムーミンとそのなかまたちの多彩な表情にも出会うことができます。

スポンサーリンク

世界でただひとつの「ムーミン美術館」からやってくる!

フィンランド・タンペレ市にある「ムーミン美術館」は、 2017年に装いをあらたにリニューアルオープンしました。 世界で唯一のムーミンの美術館では、 約2000点もの作品を所蔵しています。 本展では、同美術館からムーミン小説の原画やスケッチのほか、 トーベがムーミン小説を手がける前に描いていた スウェーデン語系の政治風刺雑誌「GARM」の挿絵など、 よりすぐりの作品がやってきます。

開催概要

  • 会期…2019年4月9日(火)~6月16日(日)会期中無休
  • 開館時間…10:00―20:00※火曜は17:00まで ※入館は閉館の30分前まで
  • 会場
    森アーツセンターギャラリー(六本木ヒルズ森タワー52階)
    〒106-6150東京都港区六本木6-10-1
  • 入館料(税込)当日
    • 一般1,800円 (団体1,600円)
    • 中学生・高校生1,400円(団体1,200円)
    • 4歳~小学生800円(団体600円)

※ 団体は15名以上、※ 3歳以下入館無料、※ 障がい者手帳をお持ちの方と介助者(1名まで)は、当日料金の半額

巡回先情報

  • 大分県立美術館
    〒870-0036 大分県大分市寿町2-1
    2019年6月29日(土)~9月1日(日)会期中無休
  • 松坂屋美術館(名古屋)
    2019.12.7(土)~2020.1.19(日)

世界でひとつのムーミン美術館は
フィンランド、タンペレ市にあります!

世界でひとつのムーミン美術館ではムーミン本や挿絵でおなじみの人生の知恵、ユーモア、元気いっぱいの冒険心、人の温もりや友情など世界中のムーミンファンたちに語られている世界を体感していただけます。

ムーミン美術館に一歩踏み込んだら、そこはトーベ・ヤンソンが手がけたムーミン本の世界。ムーミンの物語を、洪水や夏まつりの水上劇場、灯台の島の謎、十一月のムーミン一家失踪ミステリーなどを臨場感たっぷりに体験していただけたらと思います。

トーベ・ヤンソンが執筆し挿絵を手がけた12冊のムーミン本に合わせて先に進んでください。

ムーミン美術館はまったく新しいタイプの体感型美術館です。ムーミンが好きな、または芸術が好きなすべての方向けです。ムーミン美術館のきっかけは、トーベ・ヤンソンのムーミン作品や原画が1986年、タンペレ美術館に寄贈されたことに遡ります。

コレクションはタンペレ美術館ムーミン谷博物館で1987年から2016年まで展示されていました。この博物館がタンペレホールに場所を移して新しい体感型のミュージアムとなることで、改めて名称もムーミン美術館に変更となりました。

ムーミンたちの冒険世界へ、どうぞお越しください!

 

ムーミン展

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA