ゴッホ展10万人達成 夜間鑑賞会も開催

東京・上野の森美術館で開催中の「ゴッホ展」(産経新聞社など主催、来年1月13日まで)の来場者が3日、10万人を突破した。

アントン・マウフェの「雪の中の羊飼いと羊の群れ」を鑑賞する参加者ら=3日午後、東京・上野公園の上野の森美術館(桐山弘太撮影)

アントン・マウフェの「雪の中の羊飼いと羊の群れ」を鑑賞する参加者ら=3日午後、東京・上野公園の上野の森美術館(桐山弘太撮影)

同展は、ゴッホが影響を受けた「ハーグ派」と「印象派」の2つの出会いを軸に、ゴッホの画業をたどる展覧会。「糸杉」「薔薇」などゴッホの傑作約40点とともに、セザンヌ、モネ、ルノワールなどの名作約30点も展示され、人気を集めている。

この日は閉館後、人数限定で特別に鑑賞できる「プレミアム夜間鑑賞会」が開催され、オランダ美術が専門の熊澤弘・東京芸術大学大学美術館准教授が、ギャラリートークを担当。「わずか10年の間に約2000点もの作品を制作しながら独自の画風に到達したゴッホ。その味わい深い色彩と筆触を、他の作家の作品と比べながら楽しんでもらいたい」と解説した。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA