アンディ・ウォーホルの大回顧展「ANDY WARHOL KYOTO / アンディ・ウォーホル・キョウト」京都市京セラ美術館 2020年9月19日〜

 N.Yポップアートの旗手“アンディ・ウォーホル”大回顧展、2020年、初となる京都単独開催として遂に決定。

1960年代のニューヨークで、大衆文化・消費社会のイメー ジを主題や素材とする「ポップアート」の旗手として活躍 した唯一無二のアーティスト、アンディ・ウォーホル。
本回顧展は、京都における初の本格的なアンディ・ウォー ホル展となり、彼の出身地である米国ピッツバーグにある アンディ・ウォーホル美術館所蔵作品のみで構成される日 本初の展示となります。


イラストレーターとして活躍していた1950年代の初期作品 をはじめ、1960年代に制作された「死と惨事」シリーズに 代表される象徴的なキャンバス作品、映画やテレビ番組な どの映像、注文絵画としてのセレブリティのポートレイ ト、そして、宗教画を参照した晩年の作品を展示します。
大衆消費社会のいわば光と影の両面を映し出すウォーホル の作品を通して、複雑なウォーホル像に迫ります。

スポンサーリンク

門外不出の《三つのマリリン》、大型作品《最後 の晩餐》ほか京都でしか見られない日本初公開作品100点以上を含む約200点と映像15作品が来日決定

この展覧会は、アンディ・ウォーホル美術館所蔵作品約 200点に映像15作品を加えた構成で、その半数以上が日本初公開となります。
門外不出のキャンバス作品《三つのマリリン》、「死と惨事」シリーズから《ツナ缶の惨事》、大型作品《最後の晩餐》、ウォーホルが生み出したブロッテド・ライン技法に日本の金箔の技法を取り入れた《孔雀》など、本展ならで はのラインナップを通して、複雑と言われてきたウォーホ ルの内面に肉薄します。


さらに本展では、これまで語られてこなかった京都とウォーホルの関係についても目を向けます。1950年代の世界一 周旅行で訪れた際のスケッチ《京都(清水寺)1956年7月 25日》をはじめとした作品を通して、若き日のウォーホル の心をとらえた京都の姿に思いを馳せてみてはいかがでしょうか。

アンディ・ウォーホルについて

アンディ・ウォーホル(Andy Warhol、1928-1987)は、そ のキャリアを商業デザイナーからスタートさせ、線画にの せたインクを紙に転写する「ブロッテド・ライン」という 手法を発明します。
30代でアーティストとして本格的に制作を開始。初期には アクリル絵具などでキャンバスに描いていましたが、1960年代以降はニューヨークにファクトリーと呼ぶアトリエを 設け、当時目覚ましい経済成長のさなかにあったアメリカ の大量消費社会を背景に、版画技法のシルクスクリーンを多用した“大量生産”のアジテーションとも呼べる作品を 次々と発表します。
また「キャンベル・スープ缶」「コカ・コーラ」など当時 広く普及していた人気商品や「マリリン・モンロー」「エルヴィス・プレスリー」など数多くの有名人をモチーフに 次々と作品を制作し、新たなポップ・カルチャーを定義。 アート・音楽・ファッションなどさまざまなジャンルに影響を与えました。

京都市京セラ美術館

1933年(昭和8年)、京都近代化の象徴ともいえる岡崎の地に、財界、美術界ほか、多くの市民の協力を得て「大礼記念京都美術館」として開館。

第二次世界大戦後には「京都市美術館」として活動してきました。

開館以来、85年間、今や現存する日本で最も古い公立美術館建築として、東山を背景にしたクラシカルな外観で愛されてきました。

今回のリニューアル事業では、建築家青木淳・西澤徹夫の革新的なコンセプトに基づき、竣工当時のデザインを活かしながら現代的な要素を加えることで、清新なイメージで「故」と「新」の位相が融合する、新しい美術館として生まれ変わります。

2017年(平成29年)、通称を「京都市京セラ美術館」とする50年間のネーミングライツ契約を京セラ(株)と締結。同年、改修・増築工事のため一時閉館。
2020年(令和2年)、3月21日リニューアルオープン予定。

「ANDY WARHOL KYOTO / アンディ・ウォーホル・キョウト」

会場:京都市京セラ美術館 新館 東山キューブ(京都府京都市左京区岡崎円勝寺町124)
開催:2020年9月19日(土)- 2021年1月3日(日)
主催:京都市、アンディ・ウォーホル美術館、ソニー・ミュージックエンタテインメント、MBS、産経新聞社、京都新聞、WOWOW
企画制作:imura art gallery、ソニー・ミュージックエンタテインメント
https://www.andywarholkyoto.jp/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA