寺田倉庫イベントスペースにて『「ビジネス×アート」の最前線を解剖する TOKYO CANAL LINKS 2019 ~ART FOR THE PEOPLE~ #01』を開催

寺田倉庫
寺⽥倉庫株式会社(東京都品川区 代表取締役:寺田 航平)が参画するTOKYO CANAL LINKS実行委員会は、2019年11月12日(火)に東京・天王洲のイベントスペースTMMTにて、『「ビジネス×アート」の最前線を解剖する TOKYO CANAL LINKS 2019~ART FOR THE PEOPLE~ #01』を開催いたします。

2017年から展開するTOKYO CANAL LINKSは、運河によって“東京”の歴史や文化をつなげ国際的な“TOKYO“への架け橋となることを目指すアートプロジェクトです。羽田空港からの湾岸エリアの既存施設をアートによって再活用し、文化資源を観光資源に転換する取り組みを行っています。今回は寺田倉庫とアマナの次世代型リアルイベントメディア「H(エイチ)」の共同企画として、「アートとビジネス」をテーマに、ビジネスにおけるアート思考の必要性を考えるプログラムを 4 回にわたり実施します。第1回は「複雑化するアートビジネスの現在」をテーマに、著作家・山口 周氏らをゲストにお迎えします。
なお、本イベントはしながわ文化プログラム推進事業の一環として行われるものです。イベント詳細は以下をご参照ください。

” style=”box-sizing: border-box !important; vertical-align: middle; max-width: 100%; border: 0px; display: block !important; margin: 0px auto; height: auto !important”>

【開催概要】
■名  称:
「ビジネス×アート」の最前線を解剖する TOKYO CANAL LINKS 2019 ~ART FOR THE PEOPLE~ #01
第1回「複雑化するアートビジネスの現在」
■登 壇 者:
山口 周(独立研究者/著作家/パブリックスピーカー)
綿江 彰禅(一般社団法人芸術と創造代表理事)
佐藤 守(アクセンチュア株式会社/デジタルコンサルティング本部シニア・マネジャー)
■日  時:2019年11月12日(火)19:00~20:30
■会  場:TMMT(東京都品川区東品川2-1-11)
*りんかい線 天王洲アイル駅 B出口より徒歩4分、東京モノレール 天王洲アイル駅 中央口より徒歩5分
■料  金:
[一 般] 2,500円 申込URL:https://h-media.jp/event/20191112/
[品川区民/品川区の企業在籍の方] 1,500円 申込URL:https://tcl2019-01.peatix.com/
■主  催:TOKYO CANAL LINKS実行委員会
■助  成:しながわ文化プログラム推進事業
■企画協力:株式会社アマナ/寺田倉庫株式会社
■展示協力:Art Technologies/BAF

【登壇者プロフィール】

” style=”box-sizing: border-box !important; vertical-align: middle; max-width: 100%; border: 0px; display: block !important; margin: 0px auto; height: auto !important”>

■山口 周(独立研究者/著作家/パブリックスピーカー)
1970年東京都生まれ。慶応義塾大学文学部卒、 同大学院文学研究科修士課程修了。電通、ボストン・ コンサルティング・グループなどで企業戦略立案、文化政策策定、 組織開発等に従事したのち独立。現在、 株式会社ライプニッツ代表。主な著書に『世界のエリートはなぜ「美意識」を鍛えるのか?』など。

 

” style=”box-sizing: border-box !important; vertical-align: middle; max-width: 100%; border: 0px; display: block !important; margin: 0px auto; height: auto !important”>

■綿江 彰禅(一般社団法人芸術と創造 代表理事)

1981年生まれ。 2006年名古屋大学大学院経済学研究科修了、2006年(株)野村総合研究所入社コンサルティング事業本部、 2014年慶應義塾大学大学院文学研究科修了、2016年(株)野村総合研究所退職・独立。現在、一般社団法人芸術と創造代表理事。政府や地方自治体を対象とした文化政策・ 産業政策及び文化団体の運営に関するコンサルティングを行う。

 

” style=”box-sizing: border-box !important; vertical-align: middle; max-width: 100%; border: 0px; display: block !important; margin: 0px auto; height: auto !important”>

■佐藤 守(アクセンチュア株式会社/デジタルコンサルティング本部シニア・マネジャー)
2011年にアクセンチュアへ参画。現職、Accenture Interactiveにおいては、 デジタル時代の事業戦略策定、組織設計・変革推進、M&A(PMI)支援やマーケティング業務改革といったプロジェクトをリード。 Accenture Technology Vision 日本版の編集・作成メンバーでもあり、“(デザイン+アート) x ビジネス x テクノロジー”領域について、 アクセンチュアでも有数の見識を持つ。

【TOKYO CANAL LINKS 2019 ~ART FOR THE PEOPLE~について】
近年、そこここで聞かれるようになった「アート」と「ビジネス」という単語。アートとビジネスには、「コレクションとして買う」や「企業メセナとして取り組む」といったものから、「企業ブランディングへの活用」、「アートシンキングをとおしたチームビルディング」など、さまざまな角度で関係しています。本シリーズでは、さまざまな企業の事例を通じながらそうした関係を一度整理し、知るきっかけをつくることで、社会で活きるワードを見つける機会にしてもらえればと考えています。
第1回目のゲストは一般社団法人芸術と創造代表理事の綿江彰禅さん、コンサルティングカンパニーを経て、ベストセラー『世界のエリートはなぜ「美意識」を鍛えるのか?』の著者山口周さんと、そしてアクセンチュア株式会社の佐藤守さんにご登壇いただき、三者三様のコンサルタントの知見からビジネスシーンにおけるアートの立ち位置を明らかにしていきます。
[次回以降テーマ]
■第2回「変わりゆく、企業のアートへの姿勢」(仮)12月開催予定
アートやアーティストへの支援としてメセナ活動を行う企業は、どのような方針のもとその取り組みを選択したのか。企業が考える、アートと関係値をつくる意味を解き明かします。
■第3回「アートをビジネスマネーに変えていくということ」(仮)2020年1月開催予定
アート市場の成長が問われる日本の現状で、アートそのものを“ビジネス”にすることはできるのか。アート事業を起こしている企業のマネタイズメソッドを探ります。
■第4回「企業価値を高めるためのアートの“使い方”」(仮)2020年2月開催予定
アートやアーティストへの支援を通し、自社ブランディングへとつなげている企業によるアートの活用方法や事例をご紹介。アートの力を借りた、企業価値向上の可能性を問います。

 

” style=”box-sizing: border-box !important; vertical-align: middle; max-width: 100%; border: 0px; display: block !important; margin: 0px auto; height: auto !important”>

【寺田倉庫について】
社    名:寺田倉庫株式会社(Warehouse TERRADA)
代 表 者:代表取締役 寺田 航平
所 在 地:〒140-0002 東京都品川区東品川2-6-10
設    立:1950年10月
U  R  L:http://www.terrada.co.jp/ja/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA