[企画展] 日本美術院創立120年記念 日本画の挑戦者たち ―大観・春草・古径・御舟―

映画「散り椿」の公開を記念して、速水御舟《名樹散椿》をイメージした特製和菓子が登場!

近代以降の日本画壇において、常に先導的な役割を担ってきた日本美術院。今年、創立120年を迎えることを記念して、山種美術館では、日本美術院において、特にめざましい活躍をみせた横山大観、菱田春草、小林古径、速水御舟を中心に、画家たちの活動の軌跡をたどる展覧会を開催しています。

スポンサーリンク

日本画の挑戦者たち ―大観・春草・古径・御舟

山種美術館

山種美術館

明治時代に入り、新時代にふさわしい日本画を画家たちは探求していました。その状況下、東京美術学校(現・東京藝術大学)を辞職した岡倉天心は、自らに従った大観をはじめとする若手画家らとともに、1898(明治31)年、日本美術院を創立します。一時、茨城県五浦での苦難の時期を経たものの、1914(大正3)年に、大観たちによって再興されました。その後も、古典に学びつつ日本画の新生面を切り拓こうと挑む多くの画家たちが、日本美術院を舞台に活躍しています。

アートな和菓子で抹茶タイム

山種美術館の「Cafe 椿」では、季節や開催中の展示会にちなんだオリジナルメニューが提供されています。今回は、大観・春草・古径・御舟にちなんだ和菓子ということで、青山の老舗菓匠「菊家」から6種類の和菓子を抹茶と共に楽しむことができます。

山種美術館「Cafe 椿」 秋の和菓子「秋のおとずれ」

山種美術館「Cafe 椿」 秋の和菓子「秋のおとずれ」

映画「散り椿」の公開を記念して、速水御舟《名樹散椿》をイメージした特製和菓子が登場!

映画「散り椿」の公開を記念して、速水御舟《名樹散椿》をイメージした特製和菓子が登場!

そのほか、作品をイメージした和菓子があります。

出陣前に幸若舞「敦盛」を舞う信長。 白地のきんとんと透明感のある寒天で 小袖の模様を表しました。 (黒糖風味大島あん)

出陣前に幸若舞「敦盛」を舞う信長。白地のきんとんと透明感のある寒天で小袖の模様を表しました。(黒糖風味大島あん)

 

小林古径の代表作《清姫》をイメージした可愛らしい和菓子です。杏の優しい酸味がさわやかな味わいです。(杏入り白あん)

小林古径の代表作《清姫》をイメージした可愛らしい和菓子です。杏の優しい酸味がさわやかな味わいです。(杏入り白あん)

 

華やかに咲く花の姿を和菓子にしました。まさり草は菊の古名です。中に柚子あんをしのばせ、淡雪羹で作った蝶を添えました。(柚子あん・淡雪羹)

華やかに咲く花の姿を和菓子にしました。まさり草は菊の古名です。中に柚子あんをしのばせ、淡雪羹で作った蝶を添えました。(柚子あん・淡雪羹)

 

秋風の中、ささやき合うように揺れる草花に赤トンボを添えて趣を表現しました。上品で控えめな甘さの仕上がりです。(こしあん・錦玉羹)

秋風の中、ささやき合うように揺れる草花に赤トンボを添えて趣を表現しました。上品で控えめな甘さの仕上がりです。(こしあん・錦玉羹)

横山大観《蓬莱山》
横山大観《蓬莱山》

なかでも注目されるのが、日本美術院の創立に参加した大観と春草、および彼らに続く世代の旗手として活躍した古径と御舟です。大観は再興後も日本美術院の中心的な存在であり続け、春草は16年の短い画業の間に数々の秀作を生み出しました。また、古径は無駄のない線描と清澄な色彩で格調高い画風を確立し、古径より一回り若い御舟は、次々と新たな日本画の創造に挑み続けました。

本展では、これら4名を中心に、日本美術院の草創期に活躍した画家から、現代の日本画壇を代表するにいたる同院の画家の優品をご紹介します。また、院展出品時から高評価を受けた古径の代表作《清姫》全8点を一堂に展示するとともに、昭和期に制作された作品で初めて重要文化財に指定された御舟《名樹散椿》(10月16日-11月11日公開)を特別展示します。

展示会の見どころ

1. 日本美術院120年の軌跡を画家たちで振り返る!

山種美術館は、日本美術院で活躍した画家の作品を数多く所蔵しています。そのうち、大観、春草、古径、御舟から現代画家にいたる日本画の挑戦者たちの優品で、同院の120年の歴史を振り返ります。

2. 院展(日本美術院展覧会)出品作が大集合!

新たな日本画の創造のため、画家たちが院展へ出品した大作を多数展示します。試行錯誤しながら挑んだ色彩、線描など多様な表現を、ぜひ間近でご覧ください。

3. 小林古径《清姫》全8点の一挙公開とともに、速水御舟《名樹散椿》を特別展示!

小林古径の代表作《清姫》(第17回院展出品作)を修復後初めて公開します。連作全8点を一挙公開するのは、約5年振りです。 さらに、映画「散り椿」の公開に合わせ、同題の原作小説(葉室麟 著・角川文庫)の表紙を飾った速水御舟《名樹散椿》【重要文化財】を特別出品いたします(10月16日-11月11日展示)。速水御舟の《名樹散椿》【重要文化財】 1929(昭和 4)年のみ、写真を撮影することが可能です。

名樹散椿 【重要文化財】 ● 1929(昭和 4)年 紙本金地・彩色

名樹散椿 【重要文化財】 ● 1929(昭和 4)年 紙本金地・彩色

 

展示会情報

会期: 2018年9月15日(土)~11月11日(日)
*会期中、一部展示替えあり
会場: 山種美術館
主催: 山種美術館、日本経済新聞社
開館時間: 午前10時〜午後5時(入館は午後4時30分まで)
休館日: 月曜日[但し、9/17(月)、24(月)、10/8(月)は開館、9/18(火)、25(火)、10/9(火)は休館]
入館料: 一般1000円(800円)・大高生800円(700円)・中学生以下無料
  • ※( )内は20名以上の団体料金および前売料金。
  • ※障がい者手帳、被爆者健康手帳をご提示の方、およびその介助者(1名)は無料。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA