八王子市夢美術館 横山 宏のマシーネンクリーガー展 立体造形でみせる空想世界

横山 宏のマシーネンクリーガー展 立体造形でみせる空想世界

八王子市夢美術館で「横山 宏のマシーネンクリーガー展 立体造形でみせる空想世界」が開催されていますが、9月1日までの会期。急いで観に行きました。

スポンサーリンク

マシーネンクリーガー展

立体造形作家、イラストレーターでもある横山宏さんの作品がこれでもか!というほど数多く集められた今回の展示会。1982年に『月刊ホビージャパン』誌(ホビージャパン刊)の連載企画としてはじまった『S.F.3.Dオリジナル』は好評を博し、『マシーネンクリーガー』と名前を変えた現在も国内外で根強い人気を得ています。

八王子市夢美術館

八王子市夢美術館

初めての八王子市夢美術館ですが、図書館のような入口です。来館者は少ないのかしら・・・。
観覧料700円を払い入場です。

横山 宏のマシーネンクリーガー展 立体造形でみせる空想世界

横山 宏のマシーネンクリーガー展
立体造形でみせる空想世界

展示会場の様子

中に入ると、結構人がいました。
熱心なファンの方が多いのでしょうか、皆さん楽しそうに熱く語りながら鑑賞しています。

ところで、このマシーネンクリーガー展では写真撮影がOKなのです。観覧者は作品を好きなだけ撮影することができます。

マシーネンクリーガー展では写真撮影OK!

マシーネンクリーガー展では写真撮影OK!

 

マシーネンクリーガーのイラストや写真もあり。

マシーネンクリーガーのイラストや写真もあり。

マシーネンクリーガーは自分で好きなようにカスタマイズできるところが魅力です。そんな世界観なので、パワードスーツであっても遊び心のあるペインティングになるのです。スノーマンがお気に入りです。

イラスト作品「スノウマン」2010年

イラスト作品「スノウマン」2010年

様々な材料を組み合わせて生まれる造形

横山宏さんの作品はミックスドメディア。様々な身近な素材が独特の世界を作り出しているのですが、まさかヤクルトのケースも活用されているとは!

雑誌に掲載された制作過程。

雑誌に掲載された制作過程。

ヤクルトデザイン?ファルケ。

ヤクルトデザイン?ファルケ。

ちょっと大きな作品もあります。こちらは鉄で作られたクレーテ。バイクのガソリンタンクを活かしたデザインでしょうか。

鉄でできたクレーテ。

鉄でできたクレーテ。

そのオリジナルモデルもすぐ近くに展示されているので、行ったり来たりしながら違いを探したりするのです。

ちっちゃいクレーテ。

ちっちゃいクレーテ。

最高のお土産!「S.A.F.S」本体ゲット!

という訳で、さんざん見学し、プラモ欲しーとなっていると、売っておりましたので即買い。

Super Armored Fighting Suit の1/20スケールモデルが2キット入ったモデルです。ちょっとずつ作っていこうと思います。

サイン入りのモデリングブックもあわせてゲットしておきました。

S.A.F.Sの2セットモデルを購入。

S.A.F.Sの2セットモデルを購入。

特別展 横山 宏のマシーネンクリーガー展 立体造形でみせる空想世界

会期

2019/07/13(土)〜2019/09/01(日)

開館時間

10:00〜19:00
ただし、8/2・3は午後8時まで開館。
入館は閉館の30分前まで

休館日

月曜日
ただし、祝日の場合は開館し翌日休館

会場

八王子市夢美術館

観覧料

一般:700円
学生(高校生以上)・65歳以上:350円
15名以上は団体割引料金(2割引)
未就学児無料 会期中は小・中学生無料

主催

企画協力

株式会社システム・アシスト

協力

株式会社ホビージャパン/株式会社大日本絵画/株式会社ハセガワ/株式会社ウェーブ/レインボウエッグ/CTO LAB./エコーテック株式会社/マルニ額縁画材店/東京表現高等 学院 MIICA ※順不同

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA