東京国立博物館「日本のよろい!」

親と子のギャラリー 日本のよろい! / 本館 特別2室 2019年7月17日(水) ~ 2019年9月23日(月)
スポンサーリンク

日本のよろい、すみからすみまで大解剖。

日本のよろい(甲冑)は、武士の身を守るためのもの。戦場での活躍をアピールするために、人目をひくデザインにもこだわりました。色あざやかだったり、細かい細工がされていたり、奇抜なかたちだったり…。

親と子のギャラリー 日本のよろい! / 本館 特別2室 2019年7月17日(水) ~ 2019年9月23日(月)

親と子のギャラリー 日本のよろい! / 本館 特別2室 2019年7月17日(水) ~ 2019年9月23日(月)

むかしのよろいと、現代につくられたよろいの製作見本を展示し、その見どころや魅力をわかりやすく紹介します。

日本のよろいがよくわかる、もっと好きになる展示です。

このよろいは腹巻(はらまき)という種類。歩いて戦う武士が着たんだ。
軽くて動きやすくなるように工夫がされているからなんだよ。


重要美術品 金小札紅糸中白威腹巻(きんこざねべにいとなかじろおどしのはらまき) 安土桃山時代・16世紀

 

これはよろいのパーツ。
どこの部分?何でできているの?



イラスト 武者小路晶子

 

主な出品作品

*所蔵の表記の無いものは、当館蔵品です。
重要美術品 金小札紅糸中白威腹巻 安土桃山時代・16世紀
甲冑製作見本十 草摺三 小澤正実 平成19年(2007) 個人蔵
甲冑製作見本十一 立挙一 小澤正実 平成20年(2008) 個人蔵

親と子のギャラリー 日本のよろい! / 本館 特別2室   2019年7月17日(水) ~ 2019年9月23日(月)

親と子のギャラリー 日本のよろい! / 本館 特別2室 2019年7月17日(水) ~ 2019年9月23日(月)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA