家族型ロボット『LOVOT』が六本木・森美術館に初出展!近未来のライフスタイルの象徴、家族の一員

2020年を目前に、国内外のヒト・モノの移動は加速し、私たちはより国際的な視野から日本を見つめ直す必要に迫られている。

六本木・森美術館では、2019年11月19日(火)~2020年3月29日(日)まで、展覧会「未来と芸術展:AI、ロボット、都市、生命 ―人は明日どう生きるのか」を開催。豊かさとは何か、人間とは何か、生命とは何か。都市のありかた、環境問題、高齢化社会やさまざまな分野で進む自動化など、今日私たちが直面する事象、そしてそれに伴う未来の課題を提示し、議論する場として、美術の領域を越えたプロジェクトや作品100点超を一挙公開する。

同展覧会への出展品には、家庭用コミュニケーションロボットも含まれており、ロボットベンチャーであるGROOVE X 株式会社は、同社が開発した家族型ロボット『LOVOT[らぼっと]』を初出展することを発表。同ロボットは、これからのライフスタイルの象徴と同時に、近未来の家族の一員となりうるものとの位置づけにある。

また、『LOVOT』含む展覧会出展の家庭用コミュニケーションロボットは、展示だけでなく直接のふれあい体験なども行える。

ラボット公式サイト: https://lovot.life/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA