八王子市夢美術館「横山 宏のマシーネンクリーガー展 立体造形でみせる空想世界」

横山 宏のマシーネンクリーガー展 立体造形でみせる空想世界

八王子市夢美術館では、立体造形やイラストレーションをはじめ多方面で活躍するクリエイター・横山 宏の展覧会「横山 宏のマシーネンクリーガー展 立体造形でみせる空想世界」を開催します。

『マシーネンクリーガー』は模型からつくる異色のSF作品として、誕生から37年を経た現在も国内外を問わず根強い人気を得ています。その原作者である横山 宏は1956年に北九州市に生まれ、幼い頃から少年雑誌に描かれた戦車や軍艦、架空のロボットに心を躍らせ、その模型づくりに熱中する少年でした。
また、11歳の時には故郷の“皿倉山の未来”をテーマに描いた作品が市内のコンテストで大賞を受賞するなど絵画にも才能を発揮、やがて青年となった横山は武蔵野美術大学日本画学科に進学します。

学生時代も模型への興味は変わりませんでしたが、在学中は画家・合田佐和子の元で「天井桟敷」などの劇団で舞台美術に携わり、そこで「平面をいかに立体的に見せるか」を学びます。卒業後はSF専門誌にてイラストレーターとしてデビューしますが、模型の創作も並行して続けられました。
転機となったのは、1982年に模型専門誌『月刊ホビージャパン』で発表された氏のデザインと造形によるオリジナルパワードスーツ作品《A.F.S.》でした。《A.F.S.》はリアルさを前面に出したハードSFのデザインで、当時の編集担当者はその完成度に驚き、『S.F.3.D オリジナル』という名前で同誌での連載が急きょ始まります。

本作は大きな反響を呼び、1984年にはプラモデルとして製品化、映画やアニメが元ではない模型誌企画発の商品は極めて異例のことでした。その後『マシーネンクリーガー』と名前を変えて長きに亘り愛される本作は、遠い未来の地球で繰り広げられる独立戦争を、模型のジオラマ写真にストーリーを加えるフォトストーリーの形式で主に描きながら絶大な人気を獲得していきます。

そして、本作に登場する立体作品が氏特有の手法によって生み出されていることも見逃せません。氏は制作にあたり、まず様々なパーツを集めて組み合わせ立体をつくりますが、それを自身で一度平面に描き、そこから得られる新しい情報や要素を立体に反映させるという立体と平面の作業を繰り返し行い作品がつくられます。こうした2Dと3Dの行き来によって、氏の魅力的でリアルな造形が初めて現れるのです。本展では、代表作『マシーネンクリーガー』を中心に立体作品、イラストレーション、制作過程でのスケッチ、オリジナルの道具などを一堂に集めて紹介し、氏の創作活動の全貌に迫る初の試みです。これまで氏がファンと共に培ってきた空想世界を通じ「つくる楽しさ」を改めて感じて頂ければ幸いです。

スポンサーリンク

横山 宏(よこやま こう)

1956年福岡県北九州市生まれ、東京都在住。武蔵野美術大学日本画学科卒業。イラストレーター、造形作家。大学在学中より劇団「状況劇場」や「天井桟敷」で舞台美術に携わる。その後、『SFマガジン』誌(早川書房刊)にてイラストレーターとしてデビューし、広告、雑誌などでイラストレーションや立体造形作品を発表する。中でも1982年に『月刊ホビージャパン』誌(ホビージャパン刊)の連載企画としてはじまった『S.F.3.Dオリジナル』は好評を博し、『マシーネンクリーガー』と名前を変えた現在も国内外で根強い人気を得ている。また、日本SF作家クラブが主催する「日本SF大賞」のトロフィー、「手塚治虫文化賞」の鉄腕アトムをモチーフとした賞碑を手がける他、ゲームソフトのデザインに参加するなど、活動は多岐にわたる。現在、日本SF作家クラブ在籍、武蔵野美術大学視覚伝達デザイン学科非常勤講師。

特別展 横山 宏のマシーネンクリーガー展
立体造形でみせる空想世界

会期

2019/07/13(土)〜2019/09/01(日)

開館時間

10:00〜19:00
ただし、8/2・3は午後8時まで開館。
入館は閉館の30分前まで

休館日

月曜日
ただし、祝日の場合は開館し翌日休館

会場

八王子市夢美術館

観覧料

一般:700円
学生(高校生以上)・65歳以上:350円
15名以上は団体割引料金(2割引)
未就学児無料 会期中は小・中学生無料

主催

企画協力

株式会社システム・アシスト

協力

株式会社ホビージャパン/株式会社大日本絵画/株式会社ハセガワ/株式会社ウェーブ/レインボウエッグ/CTO LAB./エコーテック株式会社/マルニ額縁画材店/東京表現高等 学院 MIICA ※順不同

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA