Dysonのお掃除ロボがやってきた話

ロボット掃除機 Dyson 360 Eye 

「吸引力の変わらない、ただひとつの掃除機」というキャッチコピーで、世界中の掃除機史を塗り替えたDyson。これまでのコード付きの丸いタイヤがついた掃除機からプラグを取り上げ、使えるコードレス掃除機のカテゴリーを作り出しました。そんなDysonの掃除機のロボットがやってきました。

スポンサーリンク

お掃除ロボットの市場

お掃除ロボットの市場規模は、2018年段階で20億9000万ドルと推計され、2023年には43億4000万ドル市場にまで成長すると予測されているとのレポートもあるようです。(出典:リサーチステーション合同会社HPより)

Dyson(売上高:25億ポンド(約3,625億円))は、イギリスを本拠地とするグローバル家電メーカーです。設立したジェームス・ダイソン氏は自らが広告塔となり、技術面、特に「モーター」に関するCMによって、急成長した企業です。それまでの日本市場で多かった「白物家電」的なデザインと異なり、近未来的・メカニカルなデザインが特徴です。

Dysonの掃除機は、DCシリーズとして発売されており、現在はDC74まで開発されているようです。また、最近の製品はVシリーズとして開発が進められています。

Dyson Cyclone V10

Dyson Cyclone V10 Fluffy

 

お掃除ロボットといえば、iRobot社(売上高:USD883,911千(2017年12月31日期))のルンバが有名です。ルンバ初号機は2002年に発売され、こちらも瞬く間にロボット掃除機の市場を作り上げました。
最近は水を噴霧しながら拭き上げ掃除をする「ぞうきんロボット」も発売されています。

iRobot ルンバ980

Dysonのお掃除ロボは2015年の発売ですので、この領域では後発となりますが、開発は2001年にはすでに着手されていたようで、「17年の歳月をかけ完璧を追求」した製品が「Dyson 360 Eye」なのです。

Dyson 360 Eye™ ロボット掃除機

ロボット掃除機 Dyson 360 Eye 他のロボット掃除機の4倍の吸引力

 

お掃除ロボット 「Dyson 360 Eye」がやってきた

うちでは、「Dyson V7 Motorhead」を使っていますが、これに加えてお掃除ロボット「Dyson 360 Eye」が導入されました。

これまでも何度かお掃除ロボットの導入は検討していたのですが、お値段がお高いので先送りしていましたが、そろそろ値段もこなれてきたし、ネコさんの毛が相変わらず床を浮遊しているということから、導入の決断に至った次第です。

ロボットの導入にあたっては、ルンバとの比較検討も行い、「ちょっとぐらいの段差なら乗り越えられる」という前向きな機能を持つ「Dyson 360 Eye」に決定されました。

Dyson初のロボット掃除機 Dyson 360 Eye 

Dyson初のロボット掃除機 Dyson 360 Eye

パッケージにもジェームス・ダイソン氏が。

ロボット掃除機 Dyson 360 Eye 

ロボット掃除機 Dyson 360 Eye

ロボット掃除機 Dyson 360 Eye 

ロボット掃除機 Dyson 360 Eyeの充電ドックと本体

最近はIOT技術も進み、ロボット掃除機 Dyson 360 Eyeも当然、スマホで操作することが可能です。

Dyson Link アプリ
Dyson Link アプリで、製品の保証登録、ロボット掃除機への指示、掃除のスケージュル予約をすることができます。ソフトウェアの自動アップデートも行うことができます。

という訳で、ロボット掃除機が部屋の隅々まで自動でお掃除してくれています。
一つだけ残念な点は、ルンバであれば、「ネコさんがルンバ上に座ってお掃除する図」が見れたのかなーということです。

Dyson 360 Eyeが自動でお掃除。

Dyson 360 Eyeが自動でお掃除。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA