100億円のラビット

Jeff Koons (b. 1955) Rabbit

ジェフ・クーンズのラビット、存命のアーティストの中で最も高いオークション結果に

子供用バルーン風船に着想を得た1986年に制作されたピカピカのステンレス製のラビットが91.1ミリオンドル(手数料含む:約100億円)で落札され、生きているアーティストとして最高額を記録しました。

Jeff Koons (b. 1955)
Lot 15 B
Jeff Koons (b. 1955)
Rabbit
Price realised USD 91,075,000

クーンズ33歳の時に制作されたラビットは1mほどの高さのステンレス製。20世紀のアートのアイコンとも言われ、かわいくて印象的です。
今回の作品は、3体(とアーティスト本人が保有している1体)のうちの2番目のものだそうです。

お口近くのニンジンらしきもの、これは何でしょう。大人のおもちゃ?マイクを持って声明を読み上げる政治家?それともplayboys Bunny?それらすべてが含まれるようです。
クーンズによると、どのように解釈するかは見るもの次第で、未来的なアイドルのきらめき、プリンセスのためではなく民衆のための鏡、見るものを反射し、または曲面に取り込んで形を変え移ろいゆく。見るものはこのトーテム(象徴)に抱きしめられるのだとか。
そう言われると、そう感じるかも・・・?

2018年11月に、デビッド・ホックニーの1972年制作《Portrait of an Artist (Pool with Two Figures》が同じくクリスティーズのオークションに出品されましたが、これが$90 millionということで、それを上回ったということです。
それ以前は、ジェフのバルーンドッグがBalloon Dog (Orange) for $58.4だったので、ここ最近のオークションは熱い!といったところでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA